girls real hack

女子に役立つリアル情報ブログ

*

異国でいきなりピアスを開けた話

      2016/09/27


ear

こないだtwitterにて、こんなやりとりがありまして。


スポンサーリンク

当時のことを思い出して書いてみます。

当時、私は、とあるアジアの街に留学していました。
過去にヨーロッパの国の植民地となっていた地域で、今も、その言語の教育が盛んだったんですね。
私は、現地語ではなく、その言語を学びに行った形です。

実は、ピアスは日本にいる間に開けて行こうと思ってたのですが、チキンなもんで、自分でピアッサーで開けるのは絶対無理で、「皮膚科行こうかなー」とか思ってグダグダしているうちに出発の日になってしまったんですよね。

あっちに行ってみたら案の定みんなピアス開けてて、毎日いいなーピアッサー買おうかなーと思っていました。
で、現地の同じ学科の子に、
i want pierce hall!! (ピアスの穴を開けたいの!!)
i want to buy ….i want to buy …how to say? (あれを買いたいの、何ていうのかな??)
向こうの子もピアッサーって通じなくて、
耳をカッてして「これでしょ?」
って感じなので
「そう、そうそのカッてするやつ、i want to buy!! (買いたいの!!)」
って言ったら、その日、時間できて、連れて行ってくれるって言うから、
置いてる薬局とか店とか少ないみたいやし、わかりにくい所にあるんかなーと思って、一緒にバスに乗って行きました。

しかし、大きな広場で乗り換えた後、バスは謎なマーケット周辺で停車・・・観光客一切いないし、威勢のよい現地語が飛び交う・・・
野菜とかマンゴーとか量り売りな感じの・・・・
こーゆーとこの方が安く買えるんかも・・・とか思いつつ、ついていくと、地元の人が集まるアクセサリーショップにたどり着きました。

なるほどここでピアッサーを・・・と思っていると、
「この中から選ぶんだってー」と友達。
えっ、あ、ファーストピアスね、あのーピアッサーは?とかもう聞いちゃいけない感じで、
「針は太いヤツと細いヤツがあるけど、どっちがいい?」
(細いヤツの方が痛くないよね)「じゃあ、ほそ・・」
「あっ、太いほうが安いらしいよ、痛いのは変わんないから、太いのにするよね?」
「・・・・yes,cheaper is better…(うん、安い方がイイよね)」

まるでカンフーマスターのような、ひっつめ髪のおばちゃんに丸いすに座るようすすめられ、
レジの隣へ、
あ、やっぱりだー、やっぱりだー・・・
と思いながらもここで無理とか言ったらヘタレと思われるし、日本人はこんなんもようせんのんかと思われるので、
すすめられるがまま、イスに座る私。

水性マーカーでおばちゃんが耳たぶにマーク 。

友達とおばちゃんが顔を見合わせて、よしと確認した後、2人で現地語で会話
「このピアスで荒れることはないらしいから、心配ないよ!!」
ん~何を根拠に~!?
おばちゃんが見たこともない消毒液を取り出し、
あっ、一応するんだー消毒・・・と思っていると
ピアス開けるやつが透明のタッパーからでてきた・・・いかにも清潔そうな白とかの日本のピアッサーとは違い年季の入った真鍮?みたいな金属でできたやつ・・・でかいし・・・・
友達は、思い出したように、
「そう!ピアスガンよ、これ!!!」と言っていた。
確かに、拳銃サイズよね、これ。。。マグナムよね。。。

「RIA don’t be afraid!!」
と励まされ、バン!!

しかし、開けてしまうとそこまで痛くないもので、両耳すんなり開きました。正直、一時間ぐらいはなんか痛くて、
「痛いやんか~( ;∀;)」って思ったけど、それは普通ですよね。
あの消毒液も、残った分もらった。
おばちゃんが自ら詰め替えたっぽい消毒液。。。
あっちで開ければ、両耳300円程度でしたよー。
スポンサーリンク

懐かしいなー。
当時は、現地の子たちに馴染むのに、めちゃくちゃ必死だった。
現地の子たちが、美味しそうに食べてるものを無理とかいうのイヤだったし、
いろんな場所を汚いとか言って、日本人ばっかりでつるむ子にはなりたくなかったんだよね。
そんな自分が、ちょっと好きになった。

連れて行ってくれた友達は、現地で観光客を案内するボランティアもしていて、すごくサービス精神旺盛な子だった。
英語も、学んでいた言葉も、お互いつたなかったけど、なんとか通じ合おうとしてて、楽しかったな。

そう言えば、彼女はよく、表現が出てこないときに舌打ちをしていた。
向こうの人は、イヤなことがあったときじゃなくて、自分の力が及ばないときによく、舌打ちをしてたんだよね。

なんか、そーゆー違いも楽しかったな。

そして、それ以降も、その市場に行ってみたけど、友達と一緒に行った路地を見つけ出すことができなかった。
あのお店は、今も変わらずあるのだろうか???

ではでは、今日はこのへんで!
See you!


The following two tabs change content below.
RIA

RIA

女子に役立つ情報をお届けするサイトです。 本音で語りつつ、ポジティブな気持ちになれる記事を書きたいと思ってます。 美容、ファッション、考え方など、プラスになること全部書いていきます。

 - 外国, 雑記

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

only
発信は最大の防御なり

Tweet 攻撃は最大の防御って言うけど、発信も最大の防御って思うときあるね。 …

IMG_1855
考察: マツコ・デラックスの何が凄いかって…

Tweetマツコ・デラックスの何が凄いかってさ、テレビいっぱい出てるとか、そーゆ …

happy
HAPPY

Tweet今年大流行りの曲、これ。 私もどハマりしましてwだいぶ聞きました。 C …

now
仕事がとれて嬉しいという話

Tweet 自分が作った提案書で企業のコーポレートサイトのお仕事をいただくことが …

IMG_3064-0.jpg
夏の朝ごはんにぴったり!きゅうりトーストにハマる

Tweet どう? 意外な組み合わせでしょう? きゅうりトースト!!! スポンサ …

%e7%af%80
地方移住者の本音が見える?ロバートの傑作コント「節」を考察

Tweet 最近、ロバートさんにめっちゃハマっているRIAです!秋山さんのクリエ …

haa-haa1
映画「私たちのハァハァ」の感想 痛いほどにわかる女子のリアル#Kisssh2015

INDEX1 「私たちのハァハア」あらすじ1.1 一ノ瀬(井上苑子)1.2 ちえ …

自己顕示
自己顕示欲の強い人は書いたらいい

Tweet優しいって言ってもらえることもあるけど、一切そんなことはなくてw 私が …

IMG_2689.JPG
一重まぶたって海外ではどう?中国女子のアイプチ事情

Tweetどーも! とある中国語圏に1年行っていたRIAです。 そこでは、ホント …

holiday2
旅行にともなうパラレルワールド感

Tweet旅行が好きかと聞かれたら即答できない。 チケットとかめんどい、入国審査 …