girls real hack

女子に役立つリアル情報ブログ

*

親との関係に悩んだら読むべき本!「嫌われる勇気」

      2016/10/22


どうも!
別に虐待とかされたワケでもないのに、「もっといい感じに育ててくれたらよかったのに。。」
と思ったことがある、甘ったれ=RIAですw
スポンサーリンク

親との関係って、いろいろありますよねー。
うちは、両親ともに健在で、よそから見たら全然恵まれてるけど、それでもいろいろモヤモヤするとこありますよw

しかも、こんなん言ったら、甘ったれ以外の何ものでもないけど、大した問題じゃないからこそ、悩むっていうのもあるじゃないですか!!

ホントに住む家がないとかだったら、悩むのもなるほどって感じやけど、そんなレベルでもないのに、自分は弱いなぁ。。って思って余計にツラい…とかもあるし!

これは、トラウマ??

さて、みなさんは小さい頃、親に言われたことでイヤなことってありましたか?
私の場合は、気にするのもしょうもないようなことですが、ちょこちょこあります。

例えば、
私がテスト前、夜中まで勉強していたりすると、「〜ちゃん(妹)が眠れないでしょ!早く寝なさい!」と言われたり、
化粧品とか買おうとすると、「あんたは、色気づいて!!」
って言われるとか、些細なことなんですけど、めっちゃショックだったんですね。
(後、留学行く前に「あんたは新しい環境に行ったら必ず馴染めないから、1年で友達なんてできへんわ」とかね。。涙)
「なんか、私って、あんま愛されてないかも。。」って思っていました。

で、そのせいかわかりませんが、なんか常に自信がなくて、後一歩っていうところで、諦めてしまうことが、かなりあった気がします。
自分から「やりたい!」って言えばいいのに、言えなくて、後で悔しい思いをしたり。

特に、オシャレとか女らしい感じにするのが苦手でしたね。「どうせブスが色気づいてって言われるだけやんなぁ(´・ω・`)」って、いっつも思っていました。。

そしてですねぇ、そんな性格をなんとかしたいと思って、心理学の本を読んだりしたわけです。
そしたら、「性格は親の育て方の影響が大きい」ってよく書いてあって。。
「やっぱ、この性格、親のせいやんか!この性格のせいで何やっても自信ないし!!」って思うようになっていきましたね。。悲

親のせいでこの性格、この性格のせいでうまくいかない。。
親のせいでうまくいかない。
育てられ方なんて、自分でどうしようもない。。実の親にも愛されてないのに、他人になんて愛されるわけないわ。。
これがトラウマってやつかもーって思っていました。(我ながらめんどくさいです。。)

スポンサーリンク

そんな考えを変えるきっかけのひとつが「嫌われる勇気」でした。
(あくまできっかけなんで、、変わったとはまだ言えないですw)

嫌われる勇気

トラウマは存在しない!?

「嫌われる勇気」で、1番名言だなと思うのは、「トラウマは存在しない」という言葉。
私は、かなりこの言葉に救われました。
もちろん、トラウマと言ってもいろんなレベルがあって、災害現場に行ったら身体が震えるとか、そんなレベルの方に、この言葉を使うのはとても酷だと思います。
でも、私レベルの経験には非常に有効だと思うんですね。

今まで、自分は親に愛されてないから、愛されてる人とは違うんだと思っていました。
彼らほどの自己肯定感がないのは、そのせいなんだと思っていました。
親の育て方は人生の全てに影響を及ぼすと信じていました。

でも、そっか!トラウマなんてないなら、私も愛されて育った人と同じスタートラインに立っているんだ!と思えたんです。

すごくホッとしました。

それが事実かどうかはわかりません。
統計とかとれば、やっぱり親に愛されてる実感のある人の方が生涯を通じて、幸福値が高いかもしれません。
でも、「トラウマなんてない」、そう信じることは、私にとってとても心地よかったんです。

そう考えるようになって、「親に愛されたい」もしくは「愛されたかった」という思いがずいぶん減りました。
要する私は「幸せになりたい」から、そのための「ツール」として、「親の愛」が欲しかったんですね。
「親からの無償の愛」は「幸せ」になるための「パスポート」みたいなものだと思っていたんです。

そんな気持ちで愛されたいと思うのも、どうよ?って感じだなと自分でも思えてきました。
もちろん、小さい頃はもっと純粋な寂しさがあって、それがベースになった感情だと思うんですけどね。

そんなこんなで、今は、
「親は生んでくれたら御の字」と思えるときも出てきました。

いつもじゃないですよー!もちろん。
やっぱり今も、愛されてるなって人を目の当たりにすると、うわー、やっぱ自分はダメだーって思うしねww
でも、思わないときも出てきた!!(そのレベルですよw)

「生んでくれたら御の字」と思えることで、むしろ親との関係もちょっとよくなったんよね。
(「育ててくれたら御の字」でないところも、ちょっとポイントです)
親に期待しすぎてたんやなぁ、そもそも。
親なのにどうしてわかってくれないの?って思うことも多かったし、
他の家と比べて、「どうしてピアノ習わせてくれないの?」「どうして田舎に引っ越したの?」
とか、金銭的なことや、家の事情でどうしようもないことにも、不満を感じまくってたし。

ピアノと田舎のことで、ずいぶん親に文句を言いました。
今思えば、そんなの親にはどうしようもできないこと。
習わせるお金がないし、引っ越すお金もないし、祖父母の面倒を見ないといけないし。

その頃の私は親にどうして欲しかったんだろう。。。
ただ、寄り添って話を聞いてほしかったんだろうな。
そして、「ピアノも引っ越しもできないけど、あなたを大切に思っているよ」
と言ってほしかったんだろうな。

そんなの、当時は自分でもわからなかったけど。
多分そう言ってくれたら、安心したんだろうな。

うん、なんかちょっと話がずれてきたけど。
とにかく、私は「親の愛」=「幸せへのパスポート」じゃないって思えるようになったことで、
別にそこまで愛されなくてもいーやって思えるようになった。
そうなったら、「親なんて生んでくれたら御の字」じゃね?って思えるようになって、
「生んでくれたら御の字やのに、そのうえ家も食べ物も与えて、
もちろん他にもいろいろしてもらったことあるし、まぁ、いっか」って思えるようになってきたんだよな。

もちろん、今でも、甘えってわかりつつ、腹立つこともあるけど。
しかも、こう思えるようになったのも、自分がたまたま、虐待とかまではされずに、のんきに育ってきたからだけど。

しかも、こんなイイこと書きながらも、こないだもイライラしてしまったし、まだまだ理想の自分になれへんけどwwwww
スポンサーリンク

まとめ

「嫌われる勇気」とてもいい本だと思う。
読んだからって、すぐ変われるわけじゃないけど、なんかしんどい考え方になってきたわーって思ったとき、立ち戻る場所ができた。
他にもそういう本とか映画はいろいろあるから、また紹介していきます。

ホントにまだまだ、弱くて、なんでも人のせいにしてしまう甘ったれた人間だけど、
少しずつ前に進んでいると思いたい!!!

しーゆー♥


The following two tabs change content below.
RIA

RIA

女子に役立つ情報をお届けするサイトです。 本音で語りつつ、ポジティブな気持ちになれる記事を書きたいと思ってます。 美容、ファッション、考え方など、プラスになること全部書いていきます。

 - ライフスタイル,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IMG_0370-0
ひとり旅と少しの勇気

Tweetこんばんは!今日は東京よりお届けするgirls real hackです …

ポスターも素敵!!!
元町映画館でまさかの出会い!「ろまんちっくろーど-金木義男の優雅な人生-」

Tweet久しぶりのお天気! 映画見ようかと言っていたけど、 やっぱお散歩するか …

free2
言い訳のない1年

Tweetスポンサーリンク 今年は本当に言い訳のない1年だったと思う。 去年くら …

社会心理学者 エイミー・カディ
頑張れ、就活生! 面接前に緊張しまくったら見るべき動画

Tweetどーも、「自分クズなんで!!!」 と言えば、多少クズでも許されると 思 …

movie
映画批評家、町山智浩が語る「映画で知るアメリカ20世紀史」

Tweet本当に面白い講演を見つけたのでシェアします。 語り手は敬愛する映画批評 …

ryuchel
さえりさんのりゅうちぇるへのインタビューが素晴らし過ぎて真剣に考えた

Tweet 仕事でインタビューをする機会があった。それは文章が好きな人間にとって …

149399_1637216217542_7030376_n
「あなたには無理だよ」とか言うやつ、なんやねん、マジで

Tweetホンマに、あなたには無理的なこと言う人なんなの、マジで。 って思います …

IMG_0593
創作を恐れるな!ということ

Tweetわーい! やっとブログが書けるぞー( ´ ▽ ` )ノ♥︎ 昼休みは至 …

IMG_2689.JPG
一重まぶたって海外ではどう?中国女子のアイプチ事情

Tweetどーも! とある中国語圏に1年行っていたRIAです。 そこでは、ホント …

moment
吐き出し不足

Tweet 最近、ちょっと吐き出し不足だなぁ。 考えることがあり過ぎて、自分の中 …